ホーム » 造成地盤の品質及び評価手法の定義

スポンサードリンク

造成地盤の品質及び評価手法の定義

宅地に求められる品質は、建物を安全に支えることができる能力(許容支持力)を有していることです。一般に、木造2階建ての場合、地盤には20~50kN/㎡の重さが作用しますので、この重さが作用しても大きな沈下が生じない(あるいは不同沈下しない)ことが必要です。

なお、日本建築学会は、不同沈下量の許容値として、建物の傾斜が1000分の3を超えると様々な障害が生じ、1000分の6で、生活に支障を来すとしています。

品質を表す許容支持力や沈下量の目と目方にはさまざまな方法があります。さらに、これらの品質を規定する数値を算出する時に用いる地盤の強さの算出式にもさまざまなあります。つまり、地盤が要求品質を満たしていることを評価するためには、①地盤調査法、②地盤の強度などの推定法、③支持力や沈下の推定法などを定義しなければなりません。

なお、施工者は、作成した地盤をよりよく評価したいものですが、これでは、土地販売後のトラブルが発生するかもしれません。そのため、設計で設定した地盤特性と実際に出来上がった地盤の評価を行う場合、土のサンプル(試料)を採取して、さまざまな土質試験を行い、作成した地盤の特性を把握することが最良です。

なお、後述しますが、盛土などの人工地盤はどのような施工をしても施工直後は不均質なものです。そのため、必要以上に高い品質を要求することは、トラブルの原因となりますので、注意が必要です。