ホーム » 地盤保証制度の利用

スポンサードリンク

地盤保証制度の利用

地盤は非常に複雑な正確を持つ材料で、大規模な公共工事においてもさまざまな自己が発生しています。住宅のような小規模建築では、地盤調査やその評価に費やされる費用と時間はわずかですので、必要十分な調査と評価ができない場合があります。このため、できるだけ安全側の設計が行われているのが現状です。

ところが、安全側の設計をした場合でも、人工地盤の均質性を過大評価するなどのミスにより、住宅が不同沈下(起訴したの地盤の縮み方が異なるため家が傾斜する現象)するなどのトラブルが発生しています。

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」が平成12年4月に施工され、新築住宅の工事請負人または売買契約の売主は、基本構造部の瑕疵について10年間の修補等の義務を追うことが義務付けられました。基本構造部分には基礎が含まれます。基礎は、地盤の特性に応じて設計されるべきものですので、地盤に関するリスクを直接受ける構造部材と言えます。

ところが、地盤は複雑、かつ住宅分野では必要十分な調査や評価ができないため、不同沈下が生じる場合があります。このトラブルから消費者や業者を保護するための、地盤保証制度が存在します。

地盤保証制度は、さまざまな企業や財団法人が取り扱っていますが、その保証の仕組みはしっかりした保険制度から単なる自社保証のようなものまでさまざまです。詳細は、後述しますので、各保証制度の内容をよく理解して、適切なものを利用して下さい。