ホーム » リスク管理で得られるメリット

スポンサードリンク

リスク管理で得られるメリット

地盤改良の管理メリットリスクを管理するために、地盤調査費などこれまで不要であったコストが発生します。しかし、不動産の物件調査同様、リスク管理によってメリットも生まれます。

①説得力のある地価設定

軟弱な地盤がある地域の地価は安いものです。しかし、そこに投資をして安全な地盤にしたことを表示できれば、その土地は、十分な資産価値を生み出します。たとえば、擁壁がある土地であれば、その擁壁は、中規模地震の発生を想定して設計していますという説明ができれば、それを価値とした地価の設定が可能と考えられます。

②他社との差別化

地盤調査を続けていくと、対象としているエリアの地盤の状態が次第にわかってきますので、地盤改良工事費用や造成工事費用の概算を把握できるようになります。この情報に基づき、消費者に住宅建設時の予算も見越した土地を紹介することが可能になります。消費者は、土地購入時に住宅建設時の予算を左右する地盤改良工事費がある程度把握できるので、予算の精度を上げることが出来ます。消費者は、工事費用が正確で地盤の安全性をも把握できる業者と、そうでない業者のどちらを選ぶでしょうか?

③顧客満足度の向上

消費者が土地を購入して損をしないということは、不動産業者も損をしないということです。地盤のリスクを適切に管理すれば、消費者の満足度を上げることができますので、見込み客の紹介などのメリットを受けることができます。