ホーム » 造成地の受渡し時のリスク

スポンサードリンク

造成地の受渡し時のリスク

造成工事前に、建設する地盤の性能を規定することがありますが、施工者の評価基準では要求性能を満たしても、別の評価手法によれば不合格となることがあります。これは、地盤の支持力や沈下の評価方法に一定の手法がないため、評価方法が異なれば評価結果が変化するためです。

造成地を販売後に、このような差異が明らかになった場合、土地を販売した不動産業者は、地盤の品質を偽って販売したとして損害倍賞を請求される可能性があります。
また、自社で開発した土地や戸建住宅でトラブルが発生した場合、施工会社との折衝に時間を要するうえに、予想していなかった地盤改良工事の発生で利益が圧縮されてしまいます。

このようなリスクを回避するためには、地盤の品質とその評価方法を明確に定義することが必要です。また、地盤評価を地盤調査会社など第三者機関に依頼するのもよいでしょう。

造成地の品質評価法にかかわるトラブルは裁判でも争われていますが、契約書で地盤の品質を明確に定義していない点、法律的にも地盤の特性の明確な評価手法が定義されていない点から、不動産業者が振りになる可能性が高いと考えられます。

ただし、盛土のような人工地盤は、どのように施工しても均質に作成することは不可能です。まして施工直後の盛土は不同沈下の可能性が非常に高いものです。

むだな訴訟を起こさないためにも、地盤をよく理解した品質の定義が必要です。